株式会社CréeRêのDXで集客できるホームページ!

顧客や社会のニーズを基に「業務」を「DX化」にすることでビジネスが加速し、これまでの非効率や無駄を排除します。「DX」と「デジタルマーケティング」で、幅広い業種や事業分野で業務品質向上やコスト削減、効率化による生産性向上や労働環境の改善など、多くの成果を挙げることが可能です。現状のビジネススタイルを

DXで集客できるホームページなら株式会社CréeRêにお任せください!

「DX化を取り入れたビジネススタイル」に替える─このシンプルな手法で業務改革を実現できます。


ニューノーマル時代の「DX」ビジネスモデル戦略


現在、ニューノーマル(新たな常態・常識)をベースに、
リモートワーク・リモートコミュニケーションが求められるようになりました。
世界中で業界を問わずワークスタイルが様変わりし、
企業様には、困難な環境・状況に適応できる俊敏さや対応力が求められています。
コロナ禍により急速なビジネスの変革に迫られたことでDXはより一層注目されています。


「WEBマーケティング×DX戦略」でお客さまのビジネスを加速させます。


DX導入は、企業にとって急務であり、CréeRêがご提供するDX導入の考え方を以下にまとめます。
弊社ではホームページを制作する際、すべてのお客様に対して
「事業分析/目標指標設定(リンク)」などの指標から分析し現状を把握します。
顧客ニーズや競合他社を確認し、企業様の「優位性」を生かし、
企業様に相応しいDXソリューションを導入し
『DXで集客できるホームページ!』をご提案いたします。


デジタルトランスフォーメーション(DX)とは


日本におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を、
2018年に経済産業省が発表した内容では以下のとおり定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、
顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、
業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」


また、2020年末に経済産業省が発表したDXレポート2でも
「素早く変革し続ける能力を身に付けること、
その中ではITシステムのみならず企業文化(固定観念)を変革する」ことがDXの要
と言及されています。

まとめるとDXとは、顧客や社会の「ニーズ」を基に「優位性」を確立するための
「手段」として、ITを活用しましょう、ということです。
よく耳にする「IT化」は「業務効率化」等の「目的」として行われていましたが、
こちらとは異なる内容になります。
(混同しないよう下記に技術について明記します。)

IT化⇒業務効率化などを目的とし、情報化・デジタル化を進めるもの
ICT化⇒通信技術を使った「人と人」「人とモノ」の情報伝達コミュニケーション
IoT化⇒「モノのインターネット」、モノがインターネットにつながる仕組みや技術
DX化⇒情報化・デジタル化を手段として企業体制・ビジネスモデルを変革すること


DXの導入例で言うと、例えば「キャッシュレス決済」「スーパーの無人レジ化」
「アプリからのタクシー迎車」「オンラインスクーリング」「非対面のモデルルーム見学予約」
「AIの画像認識を活用した洋服の自動採寸アプリ開発」などがあります。


デジタルトランスフォーメーション(DX)が注目されている訳


経済産業省が2018年に立ち上げた「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」
がまとめたレポートでデジタルトランスフォーメーション(DX)のを行わないことで、
2030年までに最大12兆円の経済損失が発生する可能性がある」という報告があったことが、
注目される大きなきっかけになったと考えられます。
また、コロナ禍により急速なビジネスの変革に迫られたことでDXはより一層注目されています。